みなさんが必要な最新情報をご紹します。9月20日新規更新しました。
サイト内検索:
 

HOME(ダウンロード販売) > 物販

「バネトレ」 〜野球センスを向上させる方法〜【CBIS01ADF】

「バネトレ」 〜野球センスを向上させる方法〜【CBIS01ADF】

(80976)
販売価格17,800円( 税込 )
 
販売ページへ




商品詳細

体が小さく、スポーツが苦手なお子さんでも、大丈夫!
「弾む筋肉」で、見違えるように「打てる!」、「投げられる!」
スポーツ動作分析のプロが、「運動センス」を身につける
1日たった7分で『運動感覚を変える最新トレーニング法』を公開!

あなたは、同じ環境、同じ指導者のもと、メキメキと上手くなる選手と、
なかなか上手くならない選手の差は、どのように生まれると思いますか?

「センスがないから…。」
「運動オンチだから…。」

など、一生懸命にがんばっているのに、なかなか上手くなれない選手たちは、
まるで生まれつき才能がないかのように言われてきました。

確かに「運動センスがある」と言われる選手は、同じことを教えられても、
すこし練習するだけで、まわりの選手たちよりもぐんぐん上手くなっていきます。

「同じことをさせてダメなんだから、
もって生まれた才能の差だろう。」

と考えがちですが、実はそうではありません。

一般的に「運動センス」と言われるものの正体は、「野球の技術」のことではなく、
運動をするための「基本的な体の動かし方」です。

驚かれるかもしれませんが、これは、もって生まれた能力ではありません。
誰でも少しの努力で身につけることのできる能力なのです。

お子さんが、運動センスを身につけ、思いどおりに体を動かせるようになる方法。

それは、「筋肉が弾む感覚」を覚えることです。

「投げる」、「打つ」、「走る」など、野球におけるすべての動作は、
筋肉をゴムのように曲げたり、捻ったりして、その反動を活かして、体を
「バネ」のように動かしています。

例えば、「投げる」動作で考えてみましょう。

筋肉の弾む感覚が掴めると、投げる動作に「しなり」が生まれます。
しかし、筋肉を縮めるだけでは、どうしても「腕の力」だけでしか投げられません。

バネのようにしなやかに動けるようになるには、体を揺り動かし、「筋肉が弾む感覚」を
身につけることが大切です。

この「筋肉が弾む感覚」を覚えると「運動センス=運動の基本」が身につき、
「体を動かす基本的な仕組み」を理解することが出来るようになります。

この身体の法則に従って、運動センスを身につけるために開発された画期的なトレーニング…

それが、「バネトレ」です。


商品内容 DVD3枚
出品者 株式会社リアルスタイル Real Style
販売日 2019/02/27



「バネトレ」 〜野球センスを向上させる方法〜【CBIS01ADF】

(80976)
販売価格17,800円( 税込 )

販売ページへ
Copyright © 2012 INFOCREW All rights reserved